治療期間を長引かせない為に、歯医者はこまめに行くのがおすすめです!

>

歯医者に行かなくてはいけない理由

歯医者の治療が長いのは何故?

歯医者に一度行き始めると治療完了までに何回か通わなくてはいけなくなります。
自分で見た感じだと、一箇所しか虫歯はないのではと思いますがきちんと歯医者で確認すると何箇所か虫歯が発見されます。

その為、一回か二回で済む治療だと思っていた人が半年やそれ以上かかってしまった場合もあります。
素人の目と歯科医の目では見えている部分が違うということです。

歯医者の治療が長くなってしまう理由は沢山あります。
虫歯の深さや、歯茎、口腔内環境など歯科医にしか分からない病気に気づかぬ間になっている可能性があると言う事です。

歯の病気は、身体にも影響があるとも言われています。
だからこそ見落としや不完全な治療はあってはならないのです。

もしかして不正で治療を長引かせているのではと疑問に感じる人もいるかもしれませんが、きちんと治療方針や治療方法についての説明をしてくれる歯医者であれば信頼しても大丈夫でしょう。

どんな治療をしてくれるのか説明してもらう

歯医者に行くと緊張します。
口の中は敏感で、痛みを感じるイメージが強く残るせいだと思います。
痛くない治療だと医師から説明されても、体が緊張してしまいます。

歯医者は数分の治療でも、ものすごく疲労感がでます。
自分でどうにかする事の出来ない治療だからこそ、余計に不安も感じます。

良い歯医者は、患者さんの不安を取り除く為にどんな治療で進めていくのかをレントゲンなどを利用して説明してくれます。
安心感は痛みを軽減する効果があるので、丁寧な説明が絶対必要になってきます。

誰でもそうだと思いますが、何も言わずにいきなり歯を削られたら恐怖を感じます。
そんな事をする歯医者はいないと思いますが、先生の説明が不足だなと感じる時は質問をしてわからない事は聞いておきましょう。

先生によって説明の仕方は色々なので、良いか悪いかの判断は難しいのですが自分にあった歯医者かどうかは判断出来ると思います。
まず、遠慮は禁物です。


この記事をシェアする