治療期間を長引かせない為に、歯医者はこまめに行くのがおすすめです!

>

歯医者の治療期間が長い理由を知ろう

虫歯の進行状況で治療期間が違う

歯医者に行ってからではないと虫歯の進行状況を確認出来ません。
表面的には黒い点に見えても、実際は奥深くまで進行している虫歯だったなんて事も少なくありません。

虫歯の進行状況によって歯医者の治療は長くなります。
それではどれくらいの差があるのか調べてみましょう。

治療する回数が、一回で済む場合の虫歯については表面が薄ら黒くなっている状態です。
削る量もとても少なく麻酔なしでも治療可能です。

治療回数が二回や三回になる場合は、初期虫歯から少し進行している状態です。
歯を削った後に穴があいてしまうので被せものをしなくてはいけません。
広い範囲で削った場合は金属などの硬い被せものをする可能性が高いです。

同じ虫歯を数回に分けて治療している場合は、根が深く神経にまで虫歯が進行しているかもしれません。
神経にまで虫歯菌が進行してしまうと痛みも強く神経を取り除かなくてはいけないので、特に時間がかかります。

一回で出来る歯科治療の内容

忙しい人にとって、歯医者に通うのも意外と大変です。
費用の事も考えてなるべくならば回数を減らしたいと考える人もいます。

早く治療しても、中途半端になってしまうのは嫌なのでどうして時間が掛かるのかは知っておきたい所です。

治療内容にもよるのですが、小さな虫歯などであれば一回で済むと考えられます。
しかし、歯の健康チェックをした時に何箇所か悪いところが見つかればそこも治療する事になってしまいます。

事前アンケートに、今回治してもらいたい部分だけで良いにチェックをつければそれで完了にはなると思いますが、結局虫歯があればまた来院しなくてはいけなくなります。

どういった治療期間を持ちたいかはよく医師と相談する必要があります。
一回に出来る治療は患部の状態や周囲を確認してから決められます。
浅ければ即治療、深い場合は改めて本格的な治療を次回から行う事になると思います。


この記事をシェアする